冬が終わり、春が来て雨が降ってる。


長い冬が終わった。



とても静かで、でもどこかで騒々しい季節の終わりだ。



あれだけ毎日のように会っていた人たちも、なんだか春の足音と共にどこかへ。



なんだ、人間も一緒なんだ。なんて思ったりする。



春の陽射しや風や雨に育てられるのは植物だけではない。



そんな単純な事も認識出来ずに、今まで生きていたなんて。不思議に思う。



この写真にある道は、僕らが少年の頃からスケボーしたり、たむろしていた道だ。



開発の予定が頓挫して、直線になるはずの道は曲がっている。



そんな所も僕たちは気に入っている。



怪我もいっぱいさせられた。



いつもポイ捨てされる道でもあるし、



おっかない人にイチャモンをつけられた場所でもある。



でも、なんだか愛着があって、そこに全てがあると思っていた時もあった。



正確に言えば未だに、この道には僕のほとんどがあるように思う。



冬の間は封鎖されていて、とても静かに海と森の天気を感じられる。



この道も生き物なんだと思う。



どこかに移動する事もない道。



最近開発をするらしい話を聞いた。



今までの道はまた違う形になるようだ。



まさに生き物。



僕たちにとっては大切な仲間であるこの道。



ここからの景色は一日中知っている。朝から朝まで。



そんな道も春を迎えた。



きっと濡れた危ない路面で、今も僕らを待っているような気がする。






和宇尻中央通り

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon